クレジットカード現金化では悪徳業者も存在するので利用する会社は選ぶことが必要です。

悪徳業者とのおひさまクレジットの違い

 

クレジットカード現金化は、違法行為ではないがグレーなサービスである。
そのため大手の参入はなく、おひさまクレジットをはじめ、中小規模の専門業者のみが扱っているサービスとなっている。
おひさまクレジットはこの業界の中ではオススメできる業者として紹介しているが、悪徳業者も多いのがこの業界の特長となっている。

 

ここでは、悪徳業者の手口特徴を、おひさまクレジットのサービスと比較しながら紹介しよう。

 

 

悪徳業者とおひさまクレジットはどう違うか

 

スマホでクレジットカード現金化が利用できる

 

強引な営業や、過剰資金の利用を勧めていない

 

クレジットカード現金化は、必ず電話にて担当スタッフからの説明がある。
この際に一度問い合わせをすると強引に利用させようと、いきすぎた営業をしたり必要資金以上の利用を勧めてくる業者がある。
業者側は、利用者と利用金額が増えれば利益が増えるので必然的な事だ。

 

しかも、なんと!

 

おひさまクレジットは良心的な接客でお客に親身に接して強引な営業もなければ、使いすぎを止められる事もあるようだ。

 

これは、利用者の満足度を高めて口コミの評判を上げたり紹介やリピーターを増やそうという狙いがある営業手法だ。
真意は置いておいて、強引な営業をしてくる業者と、親身な接客をしてくる業者のどちらを利用した方がメリットがあるかは説明する事もないだろう。

 

 

実質換金率が高い

 

僕はクレジットカード現金化自体の業界自体は良いサービスだと思う。
しかし、この業界全体がブラックと呼ばれたりネットの評判が悪いのは実質換金率が店頭表示と差が出ている部分だろう。

 

おひさまクレジットの換金率」のページでも紹介しているが、個人カードは88%~で消費税8%が差し引かれて実質80%前後になるのがここのプランだ。
しかし、悪徳業者は消費税のほかにも事務手数料や送料、決済手数料など何かしらと理由をつけてお金を取るので、実際には店頭表示の換金率から20~30%の差が出ている業者もある。
このように実質換金率が極端に低いのが、悪徳業者の典型的な特徴だ。

 

対応が早い

 

24時間対応や、年中無休を表記していても、実際には土日や深夜に連絡をすると連絡が取れなかったり返信まで時間がかかるケースが悪徳業者ではよくある。
メールの24時間受付は深夜の時間帯は翌朝の対応になる事はよくあるが、悪徳業者は実際には事務所にスタッフが待機していなく、運営者の携帯に全て転送して運営しているケースもあるのが現状だ。
そうなれば当然、運営者の都合で連絡が取りづらい時間帯が出てくる。

 

おひさまクレジットは9時~19時であれば事務所で待機している女性スタッフに電話は常に即つながり、時間外でも22時くらいまではメールの返信も比較的スムーズで、年中無休で迅速な対応を期待できるようだ。