クレジットカード現金化の特徴や概要についてまとめました。

クレジットカード現金化の特徴

 

クレジットカード現金化とは、TOPページでも説明しているように、既に持っているクレジットカードのショッピング枠を現金に変えてくれるサービスだ。
ここでは、より詳しくその特徴や概要について説明しよう。

 

まずクレジットカード現金化を利用する人は次の2種類いる

 

消費者金融などの審査が通らない
借金より手軽に利用できるから

 

クレジットカードは一度発行すれば、支払が滞らず年会費を払い続ければ(一部で年会費無料のカードもある)その後もずっと使い続けられる。
しかし消費者金融などの借金はお金を借りる時の、仕事の勤務実績や収入、過去の債務履歴などによって審査される。
クレジットカード現金化は、借金とは違いショッピング枠が残っているカードがあれば、誰でも利用できる。仮にブラックリストに載っている人や無職でも例外にはならない。

 

おひさまクレジットのポイントを指す手

また、おひさまクレジットを含めて利用者は女性が多い特徴がある。

その理由は2番の者にあるように借金よりも手軽に利用できるからだ。

 

消費者金融は、勤務先情報などを含めた個人情報を業者に伝えて審査を受けた後は契約書やローンカードを発行する手間がかかる。
さらに職場への在籍確認で借金が同僚にバレるリスクも発生する。

 

クレジットカード現金化は、申込をしてネットショッピングの決済を済ませればすぐに指定口座に現金が振込まれる。

 

現金化サービスは業者の手数料が差し引かれるが、手間が少なく金利が消費者金融より低い事から、ローン審査に通る人でも利用者が多いのが特長だ。

 

 

クレジットカード現金化の違法性

 

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金に変える事はカード規約で禁止されている。
しかし、おひさまクレジットなど実績のある業者を利用すれば、まず罰せられる事はない。
そのカラクリは、名目上現金化業者は次のいずれかのサービス業態にしているからだ。

 

買取サービス
商品の販売およびキャッシュバック

 

どちらにも共通している事は、ショッピングとしての実績を残す事だ。

 

クレジットカード現金化を利用すると、何かしらの商品が自宅に届く。
代表事例はパソコンソフトが入ったCD-ROMなどだ。

 

ショッピング枠を買い物として使う分には当然何も問題がない。

 

その後、購入した商品に対して現金キャッシュバックがあったり、業者に買い取りしてもらおうがショッピング後の事はカード会社の管轄外になる。
もちろん、カード会社に対して自ら「現金化のために利用した」と言えば問題になるが、業者側も利用者が困らないように逃げ道を用意しているのだ。

 

こうしたカード会社のルールの抜け道をうまく利用しているのがクレジットカード現金化サービスだ。