換金率の高さではおひさまクレジットはオススメできる会社です。

クレジットカード現金化の還元率

 

クレジットカード現金化サービスで気になるのは換金率の高さだ。

 

還元率は高ければ高いほど利用者が有利になる。
業界全体として、利用金額が高いほど換金率が高くなるのが特徴だ。
ちなみに、一般的には10万円以下の少額利用の場合、実質換金率が70%~75%程度になるのが相場となっている。

 

 

おひさまクレジット還元率一覧

 

・個人カードプラン
1~10万円 88%
11~30万円 90%
31~50万円 92%
50~100万円 94%
101万円以上 ASK

 

 

・法人カードプラン
1~10万円 90%
11~30万円 92%
31~50万円 94%
50~100万円 96%
101万円以上 ASK

 

おひさまクレジットの最大還金率は97%、法人カードの方が個人よりも2%高い内容になっている。
高水準と評価できるが、他の業者も探せばさらに高換金率を誇っている所もある。

 

しかし、クレジットカード現金化は、店頭表示の換金率を鵜呑みにしてはいけないので注意が必要だ。

 

 

実質換金率とは

 

TOPページでも紹介しているが、僕が実際に利用した際は10万円以下の個人カードの少額利用で80%だった。

 

ちょっと待て!店頭表示は88%じゃないか!!」って思う人もいるのではないか?

 

88%から8%も安くなった理由は消費税が関係している。

 

カード決済する金額は消費税が加算されるが、換金される金額は税抜き価格が基準になる。
消費税分の差し引きによって実質80%になるのだ。

 

クレジットカード

これは、おひさまクレジットに関係なく、どこの業者でも同じルールになっている。

 

ちなみに、悪質な業者はそこから事務手数料や送料、振込手数料などを差し引く事によって、90%以上の換金率を表記していても実質換金率は70%前後になる場合がある。

 

おひさまクレジットの場合は、差し引かれるのが消費税分のみなので優良業者だと評価できる。
クレジットカード現金化の悪い所は、実際に問い合わせをしてみると思っていた事と違うといったトラブルが多い事だ。

 

そもそも個人は80%~と表記すればいい話だが、業界全体が税抜き価格で統一されているので、1社だけ実質換金率を表記すると、条件が悪い業者だと思われてしまい、ある程度は他社に合わせないといけない部分があるのだろう。
ここまでをまとめると、現金化業者選びは、店頭表示の換金率を鵜呑みにしてはいけないという事だ。

 

おひさまクレジットは僕が体験した話を紹介しているので、実質換金率が分かりやすいという意味では安心して利用できるのではないだろうか。

 

 

クレジットカード現金化で悪徳業者が多く存在する中、安心して利用できる仕組みに取り組んでいるところが、安定した運営の秘訣だろう。

 

⇒おひさまクレジットが支持される理由