クレジットカード現金化のメリットを理解してから利用するかどうかを見極めましょう。

現金化のメリット

 

急な出費がある、どうしても現金が必要に迫られている、生きて居ればそんな状況が発生するだろう。
無い袖は振れないと諦めることが出来れば良いが、それが出来ないケースも多い。
そこで活用されるのが消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能だ。
しかし、中にはそれらを使い尽くしてしまって利用出来ない場合もあるだろう。

 

メリットに対してGOODと手で示す男性

 

だが、お金は必要に迫られてどうしても工面しなければいけない。
お金に困る人が最後に利用するのがクレジットカード現金化だ。
とは言え、クレジットカード現金化には様々なメリットがある。
どのようなメリットがあるかをしっかりと理解した上で、利用するかどうかを見極めて欲しい。

 

すぐに現金化できる

クレジットカード現金化で高いメリットになるのが、すぐに現金化出来る点だ。
消費者金融などでは審査が必要になるので即日お金を借りるのは難しいだろう。
だが、クレジットカード現金化はネット申し込みを行うスマホさえあれば問題無い。
電話で申し込みすることも可能だし、ちょっとした空き時間に行えるのが良い。

 

早ければ申し込みから振り込みまで15分程度で終わる。
おひさまクレジットなら入金までのスピードは最短で10分と非常に早いのも覚えておきたい。

 

入金スピード

 

闇金のような危険性が無い

数は減っているものの闇金のような危ない犯罪に巻き込まれるケースがある。
だが、クレジットカード現金化は闇金などが介入する余地は無いので安心安全だ。

 

なぜなら返済する相手がクレジットカード会社だからだ。

 

クレジットカード現金化の仕組みは、ショッピング枠の現金化となっている。
そのため使用した金額は翌月にカード会社から請求が来る形になるだろう。
真っ当なビジネスをしているカード会社が闇金のような暴力行為に及ぶことは無い。

 

ただし、クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者が居る。
そうした業者に騙されると不要な脅迫や詐欺行為に巻き込まれる恐れがあるだろう。
油断をしてはいけないので覚えておいて欲しい。

 

信用情報に残らない

消費者金融などでお金を借りると記録が残るようになっている。
記録が残るだけなら問題は無いが、返済が滞ったり複数社から借り入れをしたりしていると信用情報の価値は下がる。
時々借金する程度ならともかく、日常的に借金が繰り返されていると新しいローンや借金は出来ない。

 

ただし、クレジットカード現金化の場合は信用情報に残ることは無い。
形式上はネットで買ったものを8割ぐらいの金額で売却しただけに過ぎないからだ。
借金とは違うので信用情報には記載されない。

 

また、クレジットカードの明細を見られない限り家族にバレることも無いだろう。
両親や配偶者に借金を知られたくない場合はクレジットカード現金化を活用してみて欲しい。
おひさまクレジットなら、家族や知人にバレないように配慮して対応してくれる。