どんな時にクレジットカード現金化を利用すべきかシュミレーションしました。

こんな時にクレジットカード現金化を利用する

 

おひさまクレジットの現金化サービスは誰にでも無条件で推奨できるものではない。
利用には注意点も多いので慎重に検討してもらいたい。(参考記事:クレジットカード現金化の注意点)

 

ここでは、こんな時に利用をおすすめできるシュチュエーションを集めてみた。

 

こんな時に便利なクレジットカード現金化サービス

 

法人や個人事業主の税金対策

 

おひさまクレジットは法人カードの換金率を優遇しているし、事業者の利用が多いのが特徴だ。
法人や個人事業主の場合は、ショッピング決済が仕事の経費計上できるメリットがある。
購入する商品はプランによって違うがパソコンソフトなど経費計上しやすい者が多いのも現金化サービスの特徴である。
資金繰りが苦しくなったけど年間で仕事の利益が出る見込みがあれば、銀行から借り入れするよりも現金化サービスを利用した方が税制面で有利になる事もある。

 

 

とにかく急いでお金が必要な場合

 

早いスピードで走る男性

クレジットカード現金化は電話とオンライン決済で来店不要10分程度の時間で資金調達できる。

 

消費者金融の場合は、勤務先情報など申し込み時の入力項目が多く、自動契約機を利用したり審査時間が短くても30分、さらに職場の在籍確認の都合では翌営業日まで審査結果がズレ込むなど、それなりの時間が必要だ。
手続きが楽で最短時間に近いハイスピードで現金振込があるのがクレジットカード現金化の魅力だ。

 

ただし、クレジットカードでキャッシング枠があり、その範囲内で済む用事であれば、わざわざ現金化を利用せず、ATMなどでキャッシング機能を活用した方が手間とコストが少なくなる。
至急お金が必要になった時は、クレジットカードのキャッシング枠を確認して、それでも足りない時は現金化業者の出番になる。

 

消費者金融などの審査が通らない

 

お金が必要になる状況は、転職活動中や休職中、転職した間際など仕事が安定していない場合が多い。
仕事が安定していなければ、消費者金融などからの借り入れが難しくなるが、クレジットカード現金化は、ショッピング枠がある本人名義のクレジットカードさえあれば、審査不要で資金調達できる。
ほかにも、過去に返済遅延などのトラブルで新規借り入れできない場合でも、クレジットカードさえ生きていれば利用できるのも人気の要因だ。

 

※ただし、最低条件の審査は存在するので事前に確認はしておこう。

 

⇒クレジットカード現金化の審査について

 

 

周囲に秘密にしたい

 

借金は家族や同僚、友人などに内緒にしたいものである。
消費者金融を利用した場合、専用カードの発行や契約書、返済が遅れた時の連絡、職場への在籍確認など周囲にバレる様々なリスクがある。
クレジットカード現金化は、ショッピング枠で決済するだけなので周囲にバレるリスクが少ないメリットがある。

 

もちろん、優良業者は家族を含めて秘密厳守には徹底している。
秘密厳守や手間の少なさなどで、消費者金融や銀行のカードローンなど好条件で借り入れができるにも関わらず、あえて現金化サービスを利用している方が多いのが特徴だ。