最低限の利用条件がクレジットカード現金化でも存在する

利用条件

 

クレジットカード現金化は消費者金融とは違い、勤務先や年収、他社からの借り入れなどによる審査は無い。
必要なのは、ショッピング枠があるクレジットカードを所有している事だ。
この条件さえ満たしていれば、たとえ無職やブラックでも現金を調達する事が可能だ。

 

ただし、現金化業者からの審査が一切無いという事ではないので注意しよう。
「審査なし」と明記していても、最低限の利用条件がある。

 

 

未成年者は利用できない

 

クレジットカードは未成年でも発行可能だ。
学生向けの利用限度額が低いカードなどのプランもある。
クレジットカードの利用条件は18歳以上を条件にしている事が多く、親権者の同意があれば無職やバイト程度の収入でも申し込み可能だ。
しかし、現金化業者の利用規約では20歳以上でないと利用できないように定めている事が一般的だ。
クレジットカードを持っていても未成年者は利用できないので注意しよう。
未成年者の場合は親権者の同意を得て銀行のカードローンや学生向けローンを利用する方法がある。

 

 

本人のカード以外は利用できない

 

女性

 

カードのオンライン決済は、カード番号やセキュリティコード、名義人の名前が分かれば本人でなくても可能だ。
しかし現金化業者のルールでは本人以外の名義のカードによる利用は禁止している。
分かりやすく言えば、現金振込をする口座はカード名義人の本人口座にする事が原則になる。

 

ただし、法人カードの場合は相談の上で代表者名義の個人口座に振込対応してもらえる場合がある。

 

よくあるトラブル事例では、家族名義のカードを本人に内緒で利用しようとするケースだ。
家族であっても本人でなければ現金化業者の審査に通らないので、本人自ら申し込まなければいけない。
厳しい現金化業者の場合は免許証のコピーなど本人確認書類の提出を求められる場合もあるので注意しよう。

 

現金化業者の審査はこうした規約に定められている上記2点のみだ。
後はカードのネットショッピングの決済さえできれば、その他の審査は一切ない。
現金振込は必ずカード決済が確認してからの対応になるので、利用停止中のカードや、限度額を超えた資金調達は希望しても決済が確認できなければ利用できない事になる。

 

 

審査不要だけではなく、契約の手間がない

 

クレジットカード現金化は最低限の利用規約はあるが、実質はほとんど審査はない。
審査不要だけではなく、消費者金融のように契約手続きの手間もないのがメリットになる。
現金化は、借り入れではなくキャッシュバックや買い取りサービスなので、WEBとメールのみで手続きを簡潔にできる手軽さも人気の理由だ。