おひさまクレジットのリピーターであれば最短5分での振り込みも可能です。

入金スピード

クレジットカード現金化を行う際に大事な要素なのが入金スピードだ。
変な話だが消費者金融やキャッシングなどを利用できない、知られたくない人が現金化を利用するだろう。
要するにお金に困っている訳だから、入金は1分でも早い方が良い。
何よりも本当に現金が振り込まれるのか不安に感じる時間は少しでも短い方が良いというのが本音だ。

 

そうした中でおひさまクレジットは最短10分での入金を提示している。
入金スピードが最短10分というのは早いのか、それとも遅いのか、その実態に迫ってみたいと思う。

 

実際の入金スピードは早い

入金スピードは最短で10分と、他の現金化業者と比べるとやや遅い印象を受ける。
最近では最短で5分で入金するという業者も少なくないからだ。
だが、最短で5分で入金された経験を持つ人はどれぐらい居るのだろうか?
ポイントは最短でという表記方法だ。

 

銀行のATM

よほどの好条件が重なったら素早く入金されるだろうが、そうでなければ1時間以上、翌日まで待たされるケースもあるだろう。
ここで覚えておきたいのは最短の入金スピードはあまり参考にならない点だ。
大事なのは実際に入金されるまでのスピードだろう。

 

そこでおひさまクレジットの入金スピードを改めて見てみよう。
最短で10分となっており、実際の振り込みスピードは15分から20分ほどになっている。
これは他のクレジットカード現金化業者に比べて非常に早い。
一般的な現金化業者の場合は、最短で5分と宣言しつつも30分や1時間以上掛かるのが多い。
不可能な最速5分の振り込みを宣言されるよりも、現実的な時間を提示している方が良いだろう。

 

最短5分での振り込みもある

最短10分となっているが、何度もリピーターしている利用者であれば信頼度が高いので即入金になる。
銀行口座の入力などが不要なので簡単に入金対応が出来るのだ。
最初の1回目はやや時間が掛かるかもしれないが、2度以降は非常に素早い入金が行われる。

 

この入金スピードはおひさまクレジットの企業努力そのものだろう。
申し込みを受けた後に素早く対応するスタッフが居るからこそ、この入金スピードが実現している。
最短5分、夢のようなスピードが実現している現金化業者は多くないのを覚えておこう。

 

入金スピードを確認してみる

どうしてもすぐに現金が欲しいなら、おひさまクレジットに入金スピードを聞いてみるのも良いだろう。
電話で問い合わせをすれば親切に回答をくれる。

 

申し込みが多い時間帯であれば数分から数十分の待ち時間が出てしまう。
だが、待ち時間が無いようなら通常よりもずっと早く入金の対応をしてくれる。

 

また、銀行によっては振り込みのタイミングが限られているだろう。
そうした特殊な事例も電話で問い合わせをすれば明確に教えてくれる。
入金スピードは非常に大事なので気になるなら質問するのが確実だ。