店舗型とネット型の違いを把握した上で、自分に合ったクレジット現金化業者を選びましょう。

店舗型とネット型

クレジットカード現金化業者には、店舗型ネット型が存在している。
店舗型は駅前などに店を出しており、店舗へ足を運んで手続きを行うことになる。
一方のネット型は全国どこでも利用可能で、スマホなどから簡単に申込が行えるのが特徴だ。

 

一昔前は店舗型が主流だったが、今では全国利用出来るネット型が中心になっている。
ネット利用により利便性が格段に向上した反面、悪徳業者が増えるマイナスも発生しているのが難点だ。
そんな店舗型とネット型の違いについて、改めてまとめてみようと思う。

 

店舗型の特徴

クレジットカード現金化の店舗型の特徴について紹介したいと思う。
店舗型は駅前などに店を出しており、直接出向いて手続きを行う必要がある。

 

店舗があるということは架空の業者ではない証明であり、簡単に逃げられないリスクも負っている。
そのためある程度の信用度があると考えて良いだろう。
対面で手続きを進めるので分からない部分を目の前でサポートしてもらえるのもポイントだ。

しかし、店舗型のメリットはこのぐらいしか挙げられない。

 

新宿の繁華街

 

デメリットについてだが、まずは店舗へ足を運ばなければいけない点だ。
営業時間は決まっているので平日に仕事をしている人はタイミングがなかなか合わない。
土曜日には人が多く集まる上に、知人に店舗へ入るのを目撃される恐れもあるだろう。

 

次に、店舗の周辺の人しか利用出来ないデメリットがある。
東京にある現金化業者の店舗に、北海道の住人が出向くのは現実的では無い。
さらに言ってしまうと店舗型は近くのブランドショップなどで対象の商品を買って来る必要がある。
店舗で手続きを行い、近くのお店で商品を購入し、再び店舗でそれを売却するのが手続きの流れだ。
実在する業者という安心感と引き換えに多くの手間があるので覚えておいて欲しい。

 

ちなみに、店舗型の場合はしつこい勧誘や脅迫まがいの説明を受けるケースもある。
そこまで悪質で無くても営業トークに飲み込まれて予定以上の金額を使ってしまうかもしれない。
こうしたリスクがあることを決して忘れないように行動して欲しい。

 

ネット型の特徴

ネット型のクレジットカード現金化業者の特徴は、24時間いつでも申し込みが行える点だ。
直接店舗へ出向く必要が無いので、全国から利用できるのが強みだろう。

 

インターネットで買い物をするだけなのでスマホの操作に慣れて居れば数分で終わる。
空いた時間でスマホから申し込みをするだけなので、時間的な制約も少ないだろう。

 

基本的に店舗型よりも圧倒的にネット型の方が優れている。

 

ただ1点リスクを挙げるなら、実際に存在しない架空の悪徳業者が居ることだ。
ネットにホームページだけ作成して詐欺行為をしている悪質な詐欺業者は少なからず居る。
そうした被害に合わないように、なるべく評判の良い安心できる現金化業者を選ぶようにしよう。

 

おすすめしたいのは創業12年を迎えるおひさまクレジットだ。

 

長い経営をしているのは利用者に愛されている証と見て間違いない。